リフォームか新築か。どのような状況だと、どっちがおすすめ?

リフォームは既存の建物を生かすので、新築に建て替えるよりもコストはかかりません。

そのため費用を抑えたい時はリフォームの方がおすすめです。

ただし、間取りなどに制約が生じるので、理想の間取りを実現するのが難しい場合もあります。

また、機能や素材、デザインなどにこだわり過ぎてしまうと新築よりも費用がかさんでしまうこともあるようです。

元の建物の劣化が著しい場合には補修費用がかさんで、新築に建て替えるのと比較してもさほど割安にならないこともあります。

既存の建物がまだしっかりしていて、十分に使える状態であればリフォームの方がお得になります。

リフォームであれば、水回りなど必要な部分だけ新しくするということもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 私は香川県丸亀市に住んでいる者です。親戚から古い家を譲り受けたのですが、実際に見てみたらあまりに…
  2. 山口県下関市に住んでおり、持ち家に住んでおり最近トイレのリフォームを行いました。複数のリフォーム…
  3. 徳島県小松島市で、亡くなった祖母が使っていた和室を洋室に変えるリフォーム工事をしました。和室を洋…
  4. 大阪府吹田市の戸建住宅に住んでいます。20年前に建売で購入した住宅で、内外装の古さが目立ってきた…
  5. 私は、年間に何度か雪が降る滋賀県彦根市の琵琶湖に面した住宅街に住んでいますが、どこからか音もなく水漏…
  6. OYOは、孫社長も出資する日本の不動産業の概念を一新する新たな賃貸事業です。インドが発祥の事…
  7. 福岡県福岡市にある実家をリフォームしました。工事をしたのは屋根です。屋根にある天窓か…
PAGE TOP