リフォームか新築か。どのような状況だと、どっちがおすすめ?

リフォームは既存の建物を生かすので、新築に建て替えるよりもコストはかかりません。

そのため費用を抑えたい時はリフォームの方がおすすめです。

ただし、間取りなどに制約が生じるので、理想の間取りを実現するのが難しい場合もあります。

また、機能や素材、デザインなどにこだわり過ぎてしまうと新築よりも費用がかさんでしまうこともあるようです。

元の建物の劣化が著しい場合には補修費用がかさんで、新築に建て替えるのと比較してもさほど割安にならないこともあります。

既存の建物がまだしっかりしていて、十分に使える状態であればリフォームの方がお得になります。

リフォームであれば、水回りなど必要な部分だけ新しくするということもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 私は、熊本県熊本市で台所のリフォームをした経験があります。リフォームは、浴室から台所までの古…
  2. 徳島県鳴門市にある実家のリフォームを先日行ないました。地域の小さなリフォーム業者に依頼をして作業…
  3. 私は群馬県前橋市に住んでいるのですが、居住している家のお風呂場が古くなり床が軋んで来たのでリフォーム…
  4. 昨年、自宅の水まわりをリフォームをしました。岩手県盛岡市には多くのリフォーム業者がありました…
  5. 私は、茨城県水戸市の築15年のマイホームのリフォームを地元の工務店に依頼したことがありますが、自分た…
  6. 香川県高松市で築40年の戸建て住宅に住んでいます。我が家のベランダには屋根が付いていなかったので…
  7. 私は、3年前に愛媛県今治市で両親と同居するためにリフォームをやったことがあります。私の実家は、今…
PAGE TOP