リフォームか新築か。どのような状況だと、どっちがおすすめ?

リフォームは既存の建物を生かすので、新築に建て替えるよりもコストはかかりません。

そのため費用を抑えたい時はリフォームの方がおすすめです。

ただし、間取りなどに制約が生じるので、理想の間取りを実現するのが難しい場合もあります。

また、機能や素材、デザインなどにこだわり過ぎてしまうと新築よりも費用がかさんでしまうこともあるようです。

元の建物の劣化が著しい場合には補修費用がかさんで、新築に建て替えるのと比較してもさほど割安にならないこともあります。

既存の建物がまだしっかりしていて、十分に使える状態であればリフォームの方がお得になります。

リフォームであれば、水回りなど必要な部分だけ新しくするということもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 海外からの需要が高まる『インバウンド』が話題となって久しいですが、土地の売買の世界にもその波が来てい…
  2. 青森県弘前市の比較的中央に近いところの一軒家を、リフォームしました。キッチンとリビングが別々…
  3. 私は岐阜県岐阜市にある一戸建ての家で暮らしているのですが、築年数が30年以上経過していることもあり外…
  4. 私は生まれた時から高知県宿毛市にある一軒家に住んでいるのですが、祖父の代に建てられた家で築年数も相当…
  5. 鹿児島県川内市にある自宅で、フローリングのリフォームを行ってもらいました。フローリングの剥がれな…
  6. 宝塚市(兵庫県)の分譲マンションで夫婦の2人暮らしをしています。娘は5年前に就職したのち結婚をし…
  7. 東京都新宿近くで飲食店を開店するために、居抜き物件を借りてリフォームをすることにしました。以…
PAGE TOP