リフォームか新築か。どのような状況だと、どっちがおすすめ?

リフォームは既存の建物を生かすので、新築に建て替えるよりもコストはかかりません。

そのため費用を抑えたい時はリフォームの方がおすすめです。

ただし、間取りなどに制約が生じるので、理想の間取りを実現するのが難しい場合もあります。

また、機能や素材、デザインなどにこだわり過ぎてしまうと新築よりも費用がかさんでしまうこともあるようです。

元の建物の劣化が著しい場合には補修費用がかさんで、新築に建て替えるのと比較してもさほど割安にならないこともあります。

既存の建物がまだしっかりしていて、十分に使える状態であればリフォームの方がお得になります。

リフォームであれば、水回りなど必要な部分だけ新しくするということもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 青森県弘前市の比較的中央に近いところの一軒家を、リフォームしました。キッチンとリビングが別々…
  2. 私は、熊本県荒尾市の古い住宅で床下のリフォームをしたことがありますが、200万円以上使ったにもかかわ…
  3. 京都府京都市でリフォームをしましたが、街の雰囲気に合わせて日本風で落ち着いた雰囲気にしようと思ってい…
  4. 長崎県島原市で、築100年の日本家屋をリフォームしました。重厚感があって太い柱や梁が存在感のある…
  5. 私は東京都三鷹市にある一戸建ての家に住んでいるのですが、今住んでいる家は築年数が30年以上たっていた…
  6. 私は、京都府宇治市の築20年の住宅を大規模なリフォームをした経験がありますが、当初の見積もりの約20…
  7. 手頃な価格の中古住宅を大阪府枚方市で見つけ、古かった内外装をリフォームして自分たち家族の住みやすいよ…
PAGE TOP