リフォーム業者を困らせず、円滑に作業してもらうためにすべきこととは

リフォームは、屋内作業や外壁塗装・屋根などの屋外かによって天候の影響を受けるものと受けないものがあります。

天候の影響を受ける屋外での工事の場合は特に、リフォーム業者はできるときに進められるだけの作業を進めたいものです。

また、リフォームの内容によって複数の下請けや外注さんが入る場合、下請けや外注ではなく同じ業者のスタッフさんの中でもたとえば塗装が乾いてから次の手順に進むなど互いの連携や段取りの共有が必要です。

そこで、リフォーム業者にとってありがたい施主とは進めたいときに作業をできるかぎりすすめられるよう、たとえ気づかいだとしても頻繁にお茶や休憩を挟まないことが好まれます。

なお、複数のスタッフさんが入っている場所では、相談や質問は責任者に窓口を統一してくれると安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 愛媛県松山市にある自宅のリフォームをしてもらいました。リビングの壁紙がかなり傷んでしまっていたの…
  2. 私は、栃木県宇都宮市北部の逆川の周辺で自宅のリフォームを行いましたが、建て替えたほうがよかったと後悔…
  3. ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてき…
  4. 私は、和歌山県和歌山市南部の山に囲まれた雨の多い地域に住んでいますが、湿気が多いのか北間口の玄関から…
  5. 私は青森県青森市に住んでいるのですが、居住している一戸建ての家のお風呂場とトイレが古くなったのでリフ…
  6. 長崎県長崎市の20年ほどたった家をリフォームしたときに、ハウスメーカーに依頼しました。親切で…
  7. 実家が福井県敦賀市の近くになるのですが、トイレのリフォームを少し失敗してしまったと感じています。…
PAGE TOP