リフォーム業者を困らせず、円滑に作業してもらうためにすべきこととは

リフォームは、屋内作業や外壁塗装・屋根などの屋外かによって天候の影響を受けるものと受けないものがあります。

天候の影響を受ける屋外での工事の場合は特に、リフォーム業者はできるときに進められるだけの作業を進めたいものです。

また、リフォームの内容によって複数の下請けや外注さんが入る場合、下請けや外注ではなく同じ業者のスタッフさんの中でもたとえば塗装が乾いてから次の手順に進むなど互いの連携や段取りの共有が必要です。

そこで、リフォーム業者にとってありがたい施主とは進めたいときに作業をできるかぎりすすめられるよう、たとえ気づかいだとしても頻繁にお茶や休憩を挟まないことが好まれます。

なお、複数のスタッフさんが入っている場所では、相談や質問は責任者に窓口を統一してくれると安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 昨年、自宅の水まわりをリフォームをしました。岩手県盛岡市には多くのリフォーム業者がありました…
  2. 古民家をリフォームし田舎暮らしをするときに注意をしたところは、やはり最近増加している災害でしょうか。…
  3. 静岡県浜松市の自宅をリフォームした時の失敗談です。自宅は築20年以上が経ち、外壁や屋根の塗装もだ…
  4. 私は、埼玉県大宮市でリフォームをやったことがありますが、リフォーム業者の説明や自分たちの想像と完成し…
  5. 手頃な価格の中古住宅を大阪府枚方市で見つけ、古かった内外装をリフォームして自分たち家族の住みやすいよ…
  6. 私は、香川県坂出市で屋根の再塗装リフォームを依頼した経験がありますが、再塗装から7年ほど経過した梅雨…
  7. 福島県若松市でトイレのリフォームをしました。これまでは和式だったのですが、年齢を重ねていくう…
PAGE TOP