奈良県奈良市近くのリフォーム体験談「実際はこうでした」・失敗談「こうすればよかった・・」

奈良県奈良市の郊外で、アパートを複数経営しています。

古い物件は築20年以上を経過しているので、入居者を継続的につなぎとめるという観点で小規模なリフォームを行っています。

物件のリフォームを手掛けた最初の頃は、とにかくコストを抑えることが優先となり、なるべく安く費用がかからない方法を考えて、クロスの張り替えを行うべきところをクリーニングで済ませ、設備交換が必要な部分も使用上問題ない程度に修理をする程度としていました。

しかしそのようなコストダウンの部屋は入居者にも不人気となり、結果的に入居率を低下させる要因となりました。

やはりしっかりとリフォームにお金をかけるべきと痛感しています。

現在は浴室やキッチン設備、トイレなどを入居者目線で快適に利用できる設備となるように、定期的にリフォームをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 岡山県岡山市でリフォームを行いました。実際は思っていた以上にお金がかかったので、よく目安とされて…
  2. 高知県の安芸市で両親との同居をきっかけに、安心して暮らしてもらえるようにリフォームをしました。家…
  3. 神奈川県川崎市の山側の方にある住宅地で、一戸建ての住宅をリフォームしました。2000年代初頭…
  4. 東京都新宿近くで飲食店を開店するために、居抜き物件を借りてリフォームをすることにしました。以…
  5. 私は宮崎県宮崎市に住んでいるのですが、居住している家が建ててから35年ほど経って痛みが激しくなって来…
  6. 香川県高松市で築40年の戸建て住宅に住んでいます。我が家のベランダには屋根が付いていなかったので…
  7. 徳島県鳴門市にある実家のリフォームを先日行ないました。地域の小さなリフォーム業者に依頼をして作業…

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    一度も点検したことがない非常用発電機、負荷試験が義務付けられていることご存知ですか?現在、施設管理者の重要な任務の一つです。低コスト・短時間で確実な点検をお求めなら、日本エナジーカンパニーにお任せ下さい。

    tec-jp.com/

PAGE TOP