賃貸か一軒家か、「OYO」か?孫社長が溺愛するOYOのサービスとは一体

OYOは、孫社長も出資する日本の不動産業の概念を一新する新たな賃貸事業です。

インドが発祥の事業で、敷金と礼金や仲介手数料がゼロ円という安さです。

最短では翌日に入居が可能で、家電と家具も付いていて日本の賃貸マンション並みの住宅設備が付きながら、契約及び利用の手続きがスマートフォン一つでできます。

まさにホテルを選ぶような感覚で、全てを済ませることができる簡単さです。

家具や家電の他にもWi-Fiや公共サービスも完備していて、借りる際の保証人や書類作成など、とにかく面倒な賃貸手続きが大幅に削減されているのも魅力です。

一軒家と一般の賃貸マンション並みの使いやすさと、ホテル並みの借りやすさを合わせ持った、新たな賃貸住宅の誕生と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 青森県弘前市の比較的中央に近いところの一軒家を、リフォームしました。キッチンとリビングが別々…
  2. 奈良県奈良市の郊外で、アパートを複数経営しています。古い物件は築20年以上を経過しているので、入…
  3. 昨年、自宅の水まわりをリフォームをしました。岩手県盛岡市には多くのリフォーム業者がありました…
  4. 私は、富山県富山市でキッチンのリフォームをしたことがありますが、家族や義父に不評でした。リフ…
  5. 私は鹿児島県鹿屋市に住んでいて近くにある工務店にリフォームの依頼をしたことがあるのですが、工務店を選…
  6. お風呂場のリフォームには何をどうするのかによって、行うことは違ってくるので注意が必要です。簡…
  7. 私は、長崎県諫早市で無料点検に来た訪問販売業者にリフォームを依頼したことがありますが、相場よりも高額…
PAGE TOP