多様化する社会に置いて行かれる「物件の今」。ミレニアル世代やZ世代が選ぶ暮らし方とは

ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてきた世代です。

多様化する社会に対応できる人と対応できない人がはっきりと分かれる世代でもあります。

暮らし方も多様化していて、住居を他人とシェアすることに抵抗がない人も多いです。

これは一昔前ではありえない考え方で、住むところを他人と共有するという新しい発想です。

シェアをすることで一人では家賃を支払うことが出来ないような高級感のあるマンションに住むことができたり、一戸建てを借りることも可能になります。

持ち家がステータスという時代は、もしかすると終わりを迎えてしまうのかもしれないです。

持ち家にこだわるのではなく、多様化する社会に上手く対応していく方が賢明という時代になる可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 浜田市(島根県)の2階建て一軒家をリフォームしました。自宅の外壁や内外装を含めたフルリフォームと…
  2. 私は、山梨県山梨市の実家に帰り3世帯同居することとなり、1階のキッチンと2階の居室の床とクロスの貼り…
  3. 私は、宮崎県延岡市でトイレとお風呂のバリアフリーリフォームを行った経験がありますが、介護がしやすく収…
  4. 広島県尾道市でリフォームをしましたが、業者選びに失敗していしまいました。選んだ業者は、あまり丁寧…
  5. 私は、島根県松江市の宍道湖を臨む住宅街に住んでいますが、北西側の外壁が限界を迎えたのでリフォームを行…
  6. リフォーム会社を探すのはそれほど難しいことではなく、今ではインターネットに色々な情報が載っているので…
  7. 長崎県島原市で、築100年の日本家屋をリフォームしました。重厚感があって太い柱や梁が存在感のある…
PAGE TOP