多様化する社会に置いて行かれる「物件の今」。ミレニアル世代やZ世代が選ぶ暮らし方とは

ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてきた世代です。

多様化する社会に対応できる人と対応できない人がはっきりと分かれる世代でもあります。

暮らし方も多様化していて、住居を他人とシェアすることに抵抗がない人も多いです。

これは一昔前ではありえない考え方で、住むところを他人と共有するという新しい発想です。

シェアをすることで一人では家賃を支払うことが出来ないような高級感のあるマンションに住むことができたり、一戸建てを借りることも可能になります。

持ち家がステータスという時代は、もしかすると終わりを迎えてしまうのかもしれないです。

持ち家にこだわるのではなく、多様化する社会に上手く対応していく方が賢明という時代になる可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 岡山県岡山市でリフォームを行いました。実際は思っていた以上にお金がかかったので、よく目安とされて…
  2. 兵庫県姫路市の一戸建てが、築20年になったので、外壁の塗り替えと内装リフォームをしました。キッチ…
  3. 滋賀県大津市にある私の自宅は、琵琶湖の近くということもあり一年中湿気に悩まされています。押し…
  4. 広島県呉市の一軒家でリフォーム工事を行いました。2018年の豪雨によって浸水した部分があり、クロ…
  5. 兵庫県西宮市の戸建に住んでいます。比較的古い住宅が集まって建っている地域で、隣家との距離が近く部…
  6. 福島県磐城市で台所のリフォームを行いました。いわゆる対面式と呼ばれるタイプにしたのですが、かかっ…
  7. 手頃な価格の中古住宅を大阪府枚方市で見つけ、古かった内外装をリフォームして自分たち家族の住みやすいよ…

関連リンク

  • 福岡天神がんクリニック

    福岡天神ガンクリニックは一人一人に最適化した個別化がん治療への取り組みを行っており、遺伝子治療をはじめ、予防やリスク検診も行っている自由診療の患者にやさしいクリニックです。治療に関して不安に思っていることや不明な点は無料でお問合せも可能です。

    tenjin-cc.net/

PAGE TOP