多様化する社会に置いて行かれる「物件の今」。ミレニアル世代やZ世代が選ぶ暮らし方とは

ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてきた世代です。

多様化する社会に対応できる人と対応できない人がはっきりと分かれる世代でもあります。

暮らし方も多様化していて、住居を他人とシェアすることに抵抗がない人も多いです。

これは一昔前ではありえない考え方で、住むところを他人と共有するという新しい発想です。

シェアをすることで一人では家賃を支払うことが出来ないような高級感のあるマンションに住むことができたり、一戸建てを借りることも可能になります。

持ち家がステータスという時代は、もしかすると終わりを迎えてしまうのかもしれないです。

持ち家にこだわるのではなく、多様化する社会に上手く対応していく方が賢明という時代になる可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. リフォームは既存の建物を生かすので、新築に建て替えるよりもコストはかかりません。そのため費用…
  2. 私は、富山県富山市でキッチンのリフォームをしたことがありますが、家族や義父に不評でした。リフ…
  3. 山形県米沢市の実家でリフォーム業者を利用してキッチンのリフォームをしました。近辺で一番有名で評価…
  4. 雨漏りを修理する方法は、まずリフォーム業者に依頼することです。それは屋根に上ったり、梯子を使…
  5. 私は、山梨県山梨市の実家に帰り3世帯同居することとなり、1階のキッチンと2階の居室の床とクロスの貼り…
  6. 私は、京都府宇治市の築20年の住宅を大規模なリフォームをした経験がありますが、当初の見積もりの約20…
  7. ZEHとは、簡単に言うと省エネ住宅のことを指しています。住宅が作り出すエネルギーが、消費する…
PAGE TOP