多様化する社会に置いて行かれる「物件の今」。ミレニアル世代やZ世代が選ぶ暮らし方とは

ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてきた世代です。

多様化する社会に対応できる人と対応できない人がはっきりと分かれる世代でもあります。

暮らし方も多様化していて、住居を他人とシェアすることに抵抗がない人も多いです。

これは一昔前ではありえない考え方で、住むところを他人と共有するという新しい発想です。

シェアをすることで一人では家賃を支払うことが出来ないような高級感のあるマンションに住むことができたり、一戸建てを借りることも可能になります。

持ち家がステータスという時代は、もしかすると終わりを迎えてしまうのかもしれないです。

持ち家にこだわるのではなく、多様化する社会に上手く対応していく方が賢明という時代になる可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. リフォームは、屋内作業や外壁塗装・屋根などの屋外かによって天候の影響を受けるものと受けないものがあり…
  2. 福岡県福岡市にある実家をリフォームしました。工事をしたのは屋根です。屋根にある天窓か…
  3. 山形県米沢市の実家でリフォーム業者を利用してキッチンのリフォームをしました。近辺で一番有名で評価…
  4. 長崎県佐世保市近くでリフォームをしたときに、業者をしっかり選ばずに、適当に近所で見つけた業者に頼んで…
  5. 青森県弘前市の比較的中央に近いところの一軒家を、リフォームしました。キッチンとリビングが別々…
  6. 長野県松本市で在住です。このたび初めて壁面クロス貼り替えリフォームをしました。たまたま先にリ…
  7. ミレニアル世代やZ世代は子どもの頃からインターネットがあり、パソコンやスマートフォンで情報を集めてき…
PAGE TOP