愛知県一宮市近くのリフォーム体験談「実際はこうでした」・失敗談「こうすればよかった・・」

私は、愛知県一宮市近くの築60年以上の伝統家屋に住んでいますが、段差が多く断熱もあるのかわからないほど寒いので思い切ってリフォームしました。

リフォーム自体は、木の外壁から断熱材付きのサイディングに張り替えるとともに屋根も軽いカラーベストに貼り替え、6畳や4畳半の細かな部屋の壁や間仕切りを抜いて大きなリビングや寝室をつくってもらい広々とした部屋でヌクヌクと過ごす予定でした。

しかし、床下をベタ基礎のようにコンクリートを貼ったので底冷えが激しいだけでなく断熱材付きのサイディングも断熱効果が薄く、特にリビングは6畳間4間を1つにしたので寒く以前の暖房費の4倍近く払っています。

今にして思えば、自分たちの年齢を考えて足元とから暖かい床暖房を設置して、断熱は外壁でなく天井や床下もしっかりとやり直すべきでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 私は生まれた時から高知県宿毛市にある一軒家に住んでいるのですが、祖父の代に建てられた家で築年数も相当…
  2. 私は宮崎県宮崎市に住んでいるのですが、居住している家が建ててから35年ほど経って痛みが激しくなって来…
  3. 鳥取県米子市の郊外住宅地に住んでおります。家族人数が夫婦と小学生の子供2名の4人で、住宅は3年ほ…
  4. ZEHとは、簡単に言うと省エネ住宅のことを指しています。住宅が作り出すエネルギーが、消費する…
  5. 私は埼玉県川越市に住んでいるのですが、居住している一軒家が築25年ほど経っていて痛みが激しくなって来…
  6. 徳島県徳島市で両親と同居していますが、父が高齢に伴い足腰が悪くなってきたので、屋内での転倒などの不安…
  7. 熊本県人吉市にある住宅のお風呂をリフォームしました。築年数もかなり経った家屋で床や壁にカビが…
PAGE TOP